So-net無料ブログ作成
検索選択

モーニング娘。'16 コンサートツアー春 EMOTION IN MOTION〜鈴木香音卒業スペシャル〜 [Live]

 モーニング娘。’16の春ツアーファイナルとなる日本武道館公演から1日とちょっとが過ぎた。
 録画していたBSスカパー!の放送を見ていても、自分がこの空間にいられたことを幸せに思う。

DSC_0838#.jpg
(終演後の日本武道館。多くの来場者がこの看板を写真に収めていた)

 「鈴木香音卒業スペシャル」と銘打つ通り、それまでの春ツアーの公演とは異なる要素が色々と盛り込まれていた。なおかつ、昨年の秋ツアーファイナル(鞘師里保の娘。単独のラストコンサート)とも違うライブとしていた。
 1曲目の「One・Two・Three」で早くも炎の特殊効果(特効)が飛び出し、いきなり度肝を抜かれた。春ツアーを踏襲する流れから徐々にスペシャル色を出してくるかと思っていた。しかし、この日は開始から5分も経たないうちに強烈な一撃を喰らった。

 春ツアーの大きな見せ場の一つは「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド」。工藤遥、生田衣梨奈、牧野真莉愛の男役3人と残りの9人による絡みは、見ているこちらも楽しみなもの。間奏で工藤が話すセリフの相方は12期メンバー(牧野を除く)が交代で務めていたが、この日はもちろん鈴木。センターステージで2人きりとなるこの場面、客席の歓声はいつもにも増して大きいものだった。
 この曲の男役というと生田、工藤の2人は異論なしだろうが、初日の八王子公演で牧野が男役に入ったのを見た時は正直意外に思えた。3人目は「誰がぴったりだろう?」と考えながら見ていたが、ツアーが進むにつれて牧野の男役は板についてきた。

 メンバー2人によるMCは、鈴木のソロMCからハロプロリーダーの矢島舞美が登場。矢島が鈴木への手紙を読んだ後、預かってきた「ある方」の手紙を代読する。差出人は鞘師。短いながらも、同期愛が伝わるメッセージだった。もっともこの時、緑一色だったはずの客席に「赤」がチラホラと混じって見えていたのは気のせいだろうか(笑)。
 ツアー中のコーナーだった「奇跡の1枚」「鈴木香音がやってみたい10のこと」のコーナーはQ期(9期)3人によるMCに。早着替えが不十分な状態で登場した鈴木は、衣装の中に潜ってしまったイヤモニをステージ上で探しだす。本来ならステージでは絶対にありえない姿だが、それを見せるのもどこか鈴木らしく感じる。
 MCといっても3人からはノープランな雰囲気が漂う。生田の「何かないの?」から、5月29日夜にQ期3人で食事に行った話に。
 マネージャーにスケジュールを組んでもらった食事会だったことや、何を食べたいかで意見が合わなかったといいながらも、なんだかんだ言っても、同期の絆はしっかりしていることを確認。
 いい感じでトークは進行していったが、食事会で鈴木にサプライズを仕掛けていた話へと移ったときに、生田がマネージャーへの連絡で「(鈴木が)トイレに行きました」言ってしまって雰囲気は一変。鈴木は「行くけどね」と言ったのに対し、生田は「(トイレに)行かない」と言い続け、客席からエーイングを浴びる。
 MCの最後は、加入後、KYキャラがついた生田が当時のことを「KYしているつもりじゃないんだよ!」といってまたもエーイング。やるつもりではなかったようだったが、いつもの通りに客席をまとめあげて終了。
 
 セットリストも、卒業スペシャルならではの曲が3曲あった。まずはQ期3人による「乙女のタイミング」は、もともと鈴木、生田と光井愛佳の3人で歌っていた曲。光井のパートを譜久村が受ける形で、Q期の曲として歌われた。このあたりにも、鞘師の卒業公演と変えてきている。
 2曲目は、春ツアーではセットリストからはずれていた「Oh my wish!」。鈴木と工藤のダブルセンターとして打ち出した、鈴木にとっても思い出の曲の1つが本編最後。
 そして最後は、アンコール1曲目「Never Forget」。鈴木がこの曲を、卒業ライブで歌うとは思わなかった。現メンバーが加入するはるか前の時代は当たり前の選曲だったが、いつ頃からか歌われなくなった。直近の卒業ライブを振り返っても、道重さゆみには「赤いフリージア」、鞘師には「ENDLESS SKY」があった(だから昨日の武道館公演ではカットされたのだろう)。

 「Never Forget」のあと、メンバー全員がステージに登場しての卒業セレモニー。12期から1人ずつ順番に鈴木に卒業の言葉を送る。
 喋り出すなり号泣した牧野は、最後に「真莉愛、とっても嬉しかったです」と涙声で自分の持ちネタをぶっこみ、会場を笑わせる。佐藤優樹は、鈴木に「こっちみないでください」と目を合わせ話したがらない。そしてひたすら一人で話し続ける。何分話しただろうか。鈴木から「愚痴らないでもらっていいですか?」とツッコミが入った。飯窪春菜は鈴木との間に見えない壁があったことを告白した。
 工藤は思い出話の中で「下ネタなんなりも……」とぶっちゃけ、他のメンバーからストップがかかる。年齢も年齢だし「AAA(トリプルエー)」「E-Girls」がグループ内のネタで通用するのだから、見えないところではそういう話もするのだろう。
 最後だからこそ、今まで話せなかったことをこの場で話す。こちらが笑ってしまったり、思わず引いてしまいそうな話も、後輩メンバーがあまり躊躇せずにぶちまけられるのは、年齢と加入時期が割と近い先輩であることと、鈴木の人徳がなせるものだろう。
 
 アンコール2曲目「泡沫サタデーナイト!」の間奏では、PVで登場するDJ KANONとして登場。さらに早着替えで「泡沫〜」の衣装へと変わっていった。春ツアーでも最後を飾った「愛あらばIt’s ALL RIGHT!」でライブは終了。最後の特効は天井から降ってきた緑の風船。自分の座席からは拾うことができなかったが、緑の風船には感謝のメッセージが書かれていたようだ。

 ダブルアンコールは、手にマイクは持っているものの、使う素振りはまったく見せない。ステージ中央へ歩き、マイクを使わずに「大好き!」と叫ぶ。そこからセットのエレベーターの前へ移動し、やはり地声で「ありがとうございました!」と。これが娘。として生で聞く最後の言葉となった。
 
 Q期の3人はオーディションの様子がテレビで放送されていたこともあり、鞘師卒業の時と同様に当時のことを思い出した。鈴木も、番組中で見せる笑顔が強く印象に残っていて、鞘師とともに「絶対欲しい!」と思った1人である。「笑顔」を武器にたくさんの人を笑顔にし、それを最後まで強みとして5年半を駆け抜けていった。それがメンバー、多くのファンから愛され、過去にみた卒業ライブにはない温かさを作り出していた。 そして終演後「ズッキ、ありがとう」という言葉が、本人のいない武道館に何回も響いていた。

 卒業を迎えるメンバーが出るたびに、それが娘。の宿命であることと同時に、もう少し見たかったという気持ちになる。でも、鈴木は本当にやりきったのだと思う。ダブルアンコールで、地声でたった二言しか叫ばなかったのも、その表れだろう。
 同期の鞘師と同じ17歳で新しい道を選び、進み始めた。どこかで繋がっていると信じながら、自分で掲げた夢を叶えて欲しい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。