So-net無料ブログ作成
検索選択

℃-ute コンサートツアー2017春〜℃elebration〜 [Live]

 4月23日は℃-ute最後の静岡ライブ。メンバー5人揃って来静するのはこの日がラスト。
 夜公演が終わって静岡駅へ向かう途中、楽しいひと時を過ごせた嬉しさと「もう5人揃った姿は見られないかも」という淋しさが襲ってきた。

DSC_1250#.jpg
(夜公演後のマリナート清水)


 参戦したのは夜公演のみ。清水駅の改札を出ると、ちょうど昼公演を終えて帰ろうとする人々とすれ違った。
 会場に入ってからはグッズコーナーでピンポスなどを購入し、自分の席で開演をのんびり待つ。オープニングアクトのハロプロ研修生は普段からチェックしている訳ではないが、研修歴が長い段原はなんか気になる。
 
 さて、ライブは「会いたい会いたい会いたいな」で始まり「Love Take It All」「愛ってもっと斬新」と一気に畳み掛ける。最初の挨拶を終えてからもさらに数曲続けて披露し、「こんなセットリスト久々」と体を動かしながら楽しんでいた。序盤のセットリストは℃-uteを再認識してからよく動画で見ていた曲が多く、「これなら大丈夫」とたかをくくっていた。
 ところが、そんな気分が吹っ飛ばしたのが過去のライブ映像(=衣装チェンジ)後のソロコーナー。5人の歌っている曲が全く分からない。さらにその後も「ベーグルにハム&チーズ」以外は聞いたことがない。それでも、周りに合わせて声を出したり振りコピできているので、曲が分からないこと以外は問題にはならなかった。意外になんとかなる(笑)。
 
 ℃-uteのステージは、曲によっては時々ふざけている箇所もあるのだが、どの曲も「これが私たちの最終形」と言わんばかりの歌とダンスで決めてきた。
 一方でMCは、自由で、素に近いやりとりが見ていて楽しい。
 静岡の夜公演のMCといえば、話の流れから中島が「2月5日生まれの人」を問うたところ、2階席の下手端に1人。しかもライトは青をつけていたので、中島は大喜び。他のメンバーからは「違う色に変えてもいいからね」という趣旨のことを色々言われていたが、この方はアンコールのMCで再度触れられた時も青のままだった。素晴らしい。

 終盤戦のセットリストは、最後に聞きたいと思っていた曲を結構やってくれた。本編最後の「アイアンハート」、ハロコンでも盛り上がった「Danceでバコーン!」、ラストシングルから「ファイナルスコール」。アンコールも含めた2時間強のライブはあっという間だった。

 自分にとってはこの日が初めての単独ライブ参戦だった。「もっと行っておけば」という後悔よりも、5人の姿を静岡で見届けられたという安堵感の方が強い。
 冒頭に「もう5人揃った姿は見られないかも」とは書いたものの、本エントリを書いていて「℃-uteを見納めにしたくない」気持ちも膨らんできた。行けるかどうかはまだ分からない。チケットもない。ただ、そういう気持ちになるほどの楽しいライブで、それがあと2カ月足らずで見られなくなるのが、分かっていても残念なのだ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。